エステティシャン歴36年の
ベテランが語る「ホンマ」の美と健康と
アンチエイジングのはなし

西宮市甲子園の老舗
トータルエステティックサロン
ビューラー大谷 大谷怜子

ドライブ・マイ・カーを先週観に行った


本日はめずらしくアップ2連発。


去年の夏の終わり頃に上映されてて
まわりの映画好きの方たちがそろいもそろって絶讃されていて
村上春樹ファンでもないのに観に行きたいと思いながら
見逃していたドライブマイカー。



先月、ゴールデングローブ賞を受賞したので
1日に1回リバイバル上映を始めてくれて、
やっと日を見つけてまいりました。



奇しくもその前日、日本映画史上初めて
アカデミー賞の作品賞の候補に選ばれたということで
着いたらもう満席でパンパンになっていました。
前日のうちにネット予約しといてホンマにヨカッタ💦





観てからもう一週間経つんですが
その余韻に浸っていました。

ああでもない、こうでもないといろんな解釈ができるこの作品。
原作とはずいぶん違い、いろいろなエピソードが盛りこまれているそうです。
劇中に出てくるチェーホフのお芝居をモチーフにしたりと・・・


「あのエピソードをこうつないでいくと
 ああ・・・こうなるのかぁ〜  ヒェーーーーー💦」


というのもあり、考えがまとまらず(苦笑)


観終わって一週間も経ってから結局、

「よう書ききれん!」

と思い、手放すためにようやくアップした次第です(笑)


ほぼ3時間、意識が集中したまま心地よい空気感に浸れ
静かな感動があちこちにある作品でした。


もう一度じっくりと観返し、
じっくり考察できたら良いなと思いました。



せっかくだから、アカデミー賞が獲れたらいいな。