エステティシャン歴37年
インディバと美容電気脱毛(針脱毛)が
大人気のベテラン大谷怜子が語る
医療に頼らない真実の健康と美と
アンチエイジングのはなし

西宮市甲子園の老舗
トータルエステティックサロン
ビューラー大谷 大谷怜子

  

このお知らせは、去年の今頃、乳ガンステージ2で
外科手術を受けたお客さまの検査結果のご報告LINEです!!

 

お友だちのご紹介で、オペ後、わりとすぐからインディバをかけに、
ほぼ毎週いらして下さっています!!



インディバが、本国スペインでは「ガンの治療器」として作られ
医療機関で使われているため、
ビューラー大谷では、ガン患者さんが、


❇️ オペ後の拘縮した皮膚のケア

❇️ 再発予防のため




などの理由で
インディバをかけにいらっしゃっています。






ちなみに日本ではガンの治療が、

オペ」「抗ガン剤」「放射線」の3大治療

それと、

乳ガンや子宮ガン、前立腺ガンだと
ホルモン治療


 



これらが、日本国のガイドライン委員が定めた


主な
 
標準治療 となっており



保険が適用されるので、

国民は3割負担で治療が受けられ

医院には7割の保険点数ががつき、

国から残りを支払われます!








そもそも、厚生労働省やら医療業界や製薬業界が
牛耳ってるこの日本で
医療器として
認められるわけありませんから(爆)


最初から美容器として日本に入ってきているので
私たちのようなエステティシャンでも扱うことができるんですね♡



日々、インディバの効果に触れるたび
頭の硬い医療業界に逆に感謝しないとね〜

と思ってます!




当店HPのインディバページ

 

 

 

 

ちなみに、この方はとてもエネルギッシュな社長さんですが
このコロナ禍において、
会社でイレギュラーな要件は増えるし、

お家もいろいろ大変になるし、
今までにないストレスが重なったのが発症原因かと思われます。





オペが済んだあと、執刀された先生に、



「全部キレイに取り終えましたよーー!」



と言うていただいたんだけど、
切除部分の病理診断の結果、結構数値が高かったもんだから


これは絶対に他にガン細胞が残ってるハズだ!

抗ガン剤と放射線治療をして叩かないと

 



と言われたそうです(;゚ロ゚)




彼女は・・・


とった細胞を検査したかてそれはガンの塊なんだから

数値高くてあたりまえですやん(笑)

先生が全部とったとおっしゃる
のを

信用してますから、それより


ガン細胞を取り終えたあとの

残りの身体の方をみてください!


 


という「名言」をおっしゃって、抗ガン剤や放射線治療などの
化学療法を全部拒否されました。






にもかかわらず、
その後、インディバをしに通ってくださりつつ

 



自分が抗がん剤治療を経験したら

同じく乳ガンになった友だちとかに

アドバイスしてあげれるし〜




などというとんでもない義侠心(?)が
ムクムクと頭をもたげ、
2回だけ、この先生が勧めるパクリタキセル
(髪の毛が抜ける方の抗ガン剤)を
チャレンジされまして・・・


髪の毛、9割5分抜けはりました😱

 

受けた回数は関係ありませんね 抜ける人は抜けます💦

2回だけ経験されて、納得され足抜け(?)されました(爆)





抗ガン剤後、抜け落ちたあとに生えてくる髪の毛は
一般的にわりとチリチリパサパサになるんですが、
チリチリまではいかずとも「クルン」くらいのクセは出たものの
あっと言う間に生えそろいましたよ!

今では烏の濡れ羽のように艶やかな髪がボーボーです!!




うちの人気アイテム、高濃度イオンローションのソティルを
朝晩たっぷり塗っていただいてたのも勝因かと思われます
♥️








ちなみに、オペをした総合病院での

 

 


パクリタキセルを12回

 放射線は毎日通院で30回

そしてホルモン薬を5年間




という乳ガン治療の王道プランを提示されたのを
拒否られたわけですから、その病院とはもう縁を切られて
(うちのお客さま方 そこの病院で切ってる人多し)
彼女の乳ガンを見つけてくださったご近所の乳腺外科で
念のために髪の毛が抜けない方の抗がん剤治療を
1ヶ月に1回 受けられています!!



なにより
放射線を受けられてないので、患部が変色していないし
オペ後のダウンタイムで少し硬さが残っているだけです。



8月は検査のあと、バカンスで海外に行かれました♥️♥️

 

心身共にしんどくなるキツい抗ガン剤治療をせずに
心身共に元気になれる


インディバのバストケアが功を奏して

かなり喜んでいただけています!!





 

_________

ここで、別の乳ガンになったお客さまのことにちょっと触れてみます。




コロナ騒動が始まる直前に、
ステージ1のがみつかった方。



たった0,5mmの大きさが1コだったのにもかかわらず


内視鏡でなく普通に外科手術で10cmほどを切られ


しかも、言われるがままに放射線を30日間続けられて、


もう二年半以上経ってるけど未だに患部がカチカチです・・・😢







「早くオペをしないと転移するぞ」



と声高にせかされ、
本当はセカンドオピニオンを受けたいと思ったけど
萎縮してしまって言われるがままに数日後に
オペを受けられました。



「あのときもうちょっと考えて、

のちのち身体の負担が少ない内視鏡で


チョチョッととってくれて、

放射線も強要されない

自分が納得して信用できる先生を


探せばよかった😢」

 


と、今でも来られるたびにおっしゃいます。





お医者さんのプライドを傷つけたら悪いなぁと思ったんですって😢

てっきり知り合いのお医者さんにみていただいたのかと思ったら
知り合いでも紹介でもないそうで・・・💦



「お医者さんだからいうこときかないと」・・・ていう
社会的な通念に流されたのがアカンかったと
おっしゃっています。

 

自ら望んでその治療を受けたならいいんですけど・・・

病気になったときもそうでないときも
自分の身体のことを人任せにしないことが
重要ですね(o^-')b