エステティシャン歴37年
インディバと美容電気脱毛(針脱毛)が
大人気のベテラン大谷怜子が語る
医療に頼らない真実の健康と美と
アンチエイジングのはなし

西宮市甲子園の老舗
トータルエステティックサロン
ビューラー大谷 大谷怜子




毎月、コロナワクチン被害の検討部会が行われてるんですが
ただいま報告があがってるだけで、

1883人の方がお亡くなりです。





このデータはこちらの、厚生労働省のHPからこのように
どなたかが見やすく画像にしてくださったもので
このページの下の方「報告された事例と評価について」
「資料はこちら」のところをクリックしただけで
誰でも確認することができます。








お身内の方やお医者さんが「そうじゃないか」と気がついて
上がっている報告なので、
ただの突然死としか思ってない方も多数おられることでしょう。




このブログでは最近、ワクチンに否定的なことは書いてなかったんですが、

私とオットは否定派であいかわらず打っていません。




それでもって。なんでかわからないけど、
ご新規でいらっしゃるお客さま方も

不思議と「打ってない派」が多いんです(苦笑)






この間、インディバのトライでいらした方がカウンセリングで


お付き合いしていたパートナーの方が
モデルナの集団接種会場で1回目を打って
ほどなくしてお亡くなりになってから体調を崩してしまった


と開口一番おっしゃいました。




このように、

ワクチンで身近な人が亡くなった


という事実を伺ったのは初めてです!


Twitterとかではすごくたくさん出てくるんですけどね💦





そのショックで不登校になったお子さんも、
先生方のご尽力で
元の通りに通えるようになったんだけど
お友だちの中にはワクチンを打ってからしんどくて
学校に来れなくなった子もいてはるとか・・・😢





今まで私の周りできいていたのは、


オットの叔父さんが1回目でクモ膜下になったとか。
(これでオットの父方の親戚の全女性陣はみんな打ってない)



お客さんの仲の良い同僚が1回目ファイザーを打ってから
もう1年寝たきりでずっと出社できていないとか。

(この方は名古屋のテレビ局から取材を受けて
 ニュースでとりあげられました)





お客さんの会社に来ている派遣のお嬢さんが
2回目を打ったあとに高熱が続いたので
「3回目はやめとき!」と言うたのに
「新婚旅行に行くから」と言うて打ったら
それこそ出社できなくなって、
無理して行った新婚旅行からもしんどすぎて
途中で帰宅したとか・・・・

出社できないので派遣さんでいる以上、
契約を切らないといけなくなってしまったという・・・

 


こんな話しは聞いてたモノの、
「亡くなった」というのを聞いて、
いよいよ身近にそういう方が出てきたなと
ヒシヒシと実感しております。






甲子園地域は臨港線沿いに消防署があって、
救急を受け入れる総合病院がたくさんあるため、
救急車は以前からよく通る方ではあったんですが、
たまに音を聴くくらいだったんですよ。




それが、去年の夏頃、みなさんがワクチンを打ち始めた頃から
大げさでなく、1日に最低でも3回、通常5回は
ピーポーピーポー言うて走っていきます。

だいたいは往復するので10ピーポーするんです💦





前述のお客さまは救急車の音に滅入ってしまって、
遠いところに引っ越しされてから救急車が通らなくなり
平和に暮らせていますとのこと。





先週は特に救急車の出動がヒドく、
外で3回もすれ違いました💦

私、サロンと家の往復くらいしかしないのに・・・


ちなみに、今日の祝日は6回 聴きました😢


異常な回数ですよね。



ワクチンをみなさんが打ち始めた頃と符号しているんです。
意味はわかりますか?







超過死亡数が2021年からとても増えています。



こちらのサイトより引用






名古屋のCBCテレビや、我らがサンテレビは
以前からワクチンについての事実のデータに基づいた
キチンとしたニュースを流しています。


こちらは一番最近のCBCテレビのニュースコーナーで

大石さんというアナウンサーの方がとりあげられたものです。




子ども4人を残してご主人を亡くされた奥さんが
実名で出て訴えています!!


以前、弁護士と医師と一部地方議員さんたちが
450人ほどで、ワクチン接種をストップさせる集団訴訟を
起こしたことがありますが
不受理になりました。


今度は患者が訴えるようになりました。
のちにどんどん続いていくことでしょう。


こういう事実は、ローカル局以外では報道されることはありません。
もちろん新聞もです。


ご自身のメインの情報ソースがテレビと新聞である以上
真実を知りうる手段がありませんので
こういう情報を知った上で、今後ワクチンを打ち続けるか
どうかお考えになってください。