エステティシャン歴35年の
ベテランが語る「ホンマ」の美と健康と
アンチエイジングのはなし

西宮市甲子園の老舗
トータルエステティックサロン
ビューラー大谷 大谷怜子

産後うつが増えている

竹内結子さんが亡くなったという速報で
朝からビックリしました。

 

インディバ仲間の昌美ちゃんとあやちゃんと
竹内さんの奇跡の1枚!!


この写真のご縁(?)で、実はなんとなく「ともだち」と
思ってたフシもあり、
しかも、私が若い頃は
「顔が似てる」と言うてくださることが
おこがましいけどけっこうあったので、
余計に悲しかったりします😢

 


また芸能人の自殺か💦と思ったけど
彼女の場合はたぶんやねんけど、
産後うつ」だと思っています。

 


女性は、妊娠中から出産にかけて、
赤ちゃんに膨大な栄養、主に鉄やタンパク質を
もってかれてしまうのです。

 


ボロボロになって産み落としたあとも
食が細ってなかなか栄養がつけられず
そんな栄養失調状態になってるお母さんから
出るおっぱいは当然栄養が足りず、
赤ちゃんが飲んでも物足りなく・・・

 

 


物足りないから泣く
 ↓
なんで泣くねん
 ↓
ギャー イライラ
 ↓
育児放棄
 ↓
へたすると自死

 

 

というパターンが増えてて
実は社会問題となっています。

 

 


竹内さんは高齢出産だったし
余計にあり得るかと・・・
しかも出産したときはまさにコロナ禍で
みなさん自粛自粛でお外にでず
ロクに日光に当たってないと
条件が悪いことも重なっていたかも・・・

 

 

 

紫外線B波に当たって
しっかりとビタミンDを作らないと
血中のビタミンDの値が下がって
鬱やらパニックになりやすかったり、
免疫力が落ちたり、
骨がもろくなったりと
トラブルがいろいろあるから大問題です!

 


ウチのお客さんで鬱やらパニックがある人は
血中VDの値がごっつい低いです。


食事からもVDが摂れるものを
食べれてないかもしれない。

 

 


ちょっとそれるけど
コロナが怖くて外にでなくて
余計に免疫力がおちて
逆にコロナにかかりやすくなるという
負の連鎖があります💦

 


竹内さんのことで朝から悶々と思ったので
書いてみました。

 


出産するしないにかかわらず
すべての女性は、
産婦人科医の宗田哲夫先生のご著書


産科医が教える 赤ちゃんのための妊婦食


をお読みになることをぜひオススメします。

 

 


私を含め、妊娠を経験してない人や
なんの苦労もなく出産ができた人とか
出産を経験することができない男性もぜひ!

 


産後うつを
「ただの甘え」と言わないために・・・

 


それにしても
新しくご主人になった中林大樹くん
前のご主人の獅童ちゃんとの間の坊ちゃんも
育てていくの大変だろうな😢
せっかく最近お仕事も増えていたのに・・・
がんばって〜!!