エステティシャン歴35年の
ベテランが語る「ホンマ」の美と健康と
アンチエイジングのはなし

西宮市甲子園の老舗
トータルエステティックサロン
ビューラー大谷 大谷怜子

ミーちゃん天国に行きました

 

突然ですが
昨日11月24日の夜中の2時6分
実家のネコ、ミーちゃんが天国にいきました。


今日は朝からお葬式だったんです。

老衰でした。
今月に入って急に弱ったのでした。



16年前の3月30日の夜中、
晃夫が近所の八ツ松公園に身体を鍛えにいったら、
公園の真ん中の滑り台の中に
このカゴに入れて、ビニール袋にくるまれた状態で
捨てられていたのを、
この子がキーキー言うてるのを聞きつけて
拾って帰ってきたのでした。


翌朝私が出勤してくると
外まで聞こえてくるくらい大きな「キィーーキィーーー」声が
してるので、いったい何なんや〜?と思ったら、
このネコだかなんだかよくわからない子が
このカゴの中をハシゴを登るように上がっては落ちながら
キーキー鳴いてたのでした。


たぶんネコだろうなと思いつつ、
まさかイタチでもあるまいと、とりあえず
動物病院に連れてったら、ネコと判明したのでした。


それくらい、大谷家では「ネコ」という生き物に
知識がなかったんですよ。


犬しか飼ったことがなくて
圧倒的に「犬派」だった両親(特に父)は
ノラネコが庭を通っても「シッシッ!」って
言うくらいの人でしたから、

「ネコなんか家に入れたらノミがつく」

とか言うてイヤがってたものです。


「カゴに入れてほかされてるんやから
 誰かの飼い猫が子どもを産んで、
 育てきれないから捨てたんやろし
 ノミなんかついてるわけないやん💦」


と言うたんですが(爆)

「自分でご飯を食べれるようになったら
 誰かにもらってもらう」


の一点張り・・・・


・・・とか言いながら、

やれ、目やにが溜まった

とか

やれ、ウンコが出ない

とかで一週間に3回も病院に連れていってました💦



ちなみに、ミーちゃんを拾ってきたときは
へその緒がついたままで目も空いてない状態でした。


先生に伺うと、
「生まれて十日後くらいに目が空いてへその緒もとれるよ」

とおっしゃったんだけど、
ミーちゃんのへその緒がとれて目が空いたのが
ちょうど拾って十日後でした。


つまり、生まれたその日にカゴに入れてほかした
ということです。


お母さんネコのオッパイもロクにあたえられずに
1ヶ月くらいは排泄もキチンとできないから
本来ならお母さんネコがするはずの
排泄の世話を人間がしないといけないワケです。


両親が手分けして排泄の世話をして
夜中もどちらから2〜3時間おきに
ミルクをあげたりしてて、
3日ほど経ったときにはもう


「ご飯が食べれるようになったら誰かにもらってもらうぞ」
発言は誰もしなくなって(爆)

みんなミーちゃんに夢中になってましたよ\(^O^)/

だって、こんなにかわいかったんですもん!


美形でしょ♡

雑種なのに真っ白な毛、青い目の
神々しいほど美しい子になりました!!


ただしですねぇ〜
(たぶん)生まれたその日に親兄弟から引き離されたせいか
おっそろしく社会性がない子でして・・・💦


我々は、1歳の頃を最後に
抱っこや「爪を切る」などのお世話が
まるでできなくなってしまいました。


気位が高く、
目の前に手をもってくると条件反射で
シャッと引っかかれる😱

うしろから近づいて
頭をさわるくらいはできるけど
首から下を触ると

「シャーーっ!!」と襲いかかる😱


父親の部屋にいることが多かったんですが
父親はもう何度も病院送りにされました(爆)

引っかかれたり噛まれたりするたんびに増える
抗生物質の塗り薬。
売れるほどありましたわ(爆)


「今度からお薬は『持ってます』と言うて断りよ」

と言うてたくらいです\(^O^)/


そんな気位の高いミーちゃんが
数年前から、父親が寝ると胸のうえに乗って
顔をジィーーっと見下ろすようになったり、
この夏くらいから
私が出勤してくるときに玄関先にお迎えに出てくれてたり
やたらと母親に会いに部屋までやってきたり
足下にスリスリするようになったのでした。

 

年がいって、ちょっとずつ丸くなったのかしらねぇ〜

病気して病院に連れていったなんてこと
1回もなかったなぁ〜

唯一、誰も触れなくて伸ばしっぱなしだった
鋭いツメを切ってもらいに行くくらいしか
病院に行く用事が無かった。


そんなミーちゃんが今月に入って急に弱ってきて
1歳のときからずーーーっと触れなかったのに
触れるようになったのは先週くらいから。

亡くなる前日の月曜はお休みだったけど、
ずっとベッタリついていて、
徐々に弱っていって冷たくなるのをみてたんだけど、
そんなときでもしっぽを握ると
「フェーーン」って怒ってた(苦笑)

それをやっても全く鳴かなくなったとき
「あ・・・もうダメだな」
と思いました。



もっと触ってもっと可愛がりたかったけど
彼女の性分では仕方ありません!


「ネコを飼う」という素晴らしさを
教えてくれたミーちゃんのおかげで
私の家でも、ハナちゃんや、ミミちゃんモモちゃんが
家族になりましたから・・・


残念ながら、三女モモちゃんは去年の7月に
長女ハナちゃんは今年の4月に亡くなってしまい
なんかお葬式慣れしてしまったんだけど
それとは関係なくお別れはつらいですね(>_<)


特に両親はしばらくはヘロヘロになるでしょうけど
残ったナナちゃん(11月22日に9歳になった)の
世話をがんばって欲しいです。


 

ナナちゃんは普段イチビリで、必ず誰かの
側にいてガン見してるんですが、
ここ数日の家の中に伝わる不穏な空気を察して
いじけてどっかにいってました。

これからはみんなの愛を一身に受けなはれ♡


 

 

ミーちゃん 今まで本当にありがとうね!


ウチのハナちゃんやモモちゃんと仲良くしてもらいたいけど
きっと無理やね(爆)

お疲れさまでした!