エステティシャン歴35年の
ベテランが語る「ホンマ」の美と健康と
アンチエイジングのはなし

西宮市甲子園の老舗
トータルエステティックサロン
ビューラー大谷 大谷怜子

コロナに負けず太陽の下で免疫力をアップしましょう!

 

ほぼ毎日歩いて通勤しています。
2月なのに暖かくて気持ちがいいですね♥️

 

徒歩10分弱の通勤路の間に公園をふたつ横を通るんですが、
ひとつ目の公園にはよく近所の保育所のチビッコたちが
「ワーーーー!!キャーーーー!!」って走り回ってます!
(写真は遊び終わって積まれて帰るところ😁)



元気いっぱいなのを見るといつも顔がほころびます♥️

公園や校庭で子どもたちが遊んでいると
「うるさい!」っていう人がいてるなんて話しをきくと
「可哀想な人だなぁ」と思ってしまいます(爆)

 


そして、サロンのご町内の八ツ松公園では
たくさんのお年寄りがゲートボールをしてる日もあります。
(残念ながら自粛期間中はさすがに見かけませんけどね😢)


写真の方は
「1本ダッシュ」ならぬ「1本スロージョギング」をしています!

素晴らしいですね!
これは数日前の写真なんですが、今朝はこの方
鉄棒みたいな遊具を手すりにしてスクワットされていました!

ホンマ、ウチの後期高齢者の両親やオット(立派な前期高齢者)も
見習って欲しいもんです(爆)

 



外に出て運動することにはふたつの大事なことがあります!


筋肉を使うこと

 

ビタミンDを体内で合成し免疫力をアップすること

 

 

 

運動しないと筋肉も鍛えられないし
認知機能に障害が出てしまうのはご存じのとおり。

フレイルという「健常から要介護へ移行する中途段階」に陥って
徐々に「要介護」になっていかないように

身体を動かすことを心がけましょう!

(もちろん私もね😁)



この画像は下記のリンクからちょうだいいたしました。
詳しく書いてあるのでぜひお読み下さい。

フレイルとは何か




ちなみに、ビューラー大谷では加圧トレーニングのレッスンを
15年近くやっていますが

(担当は弟の晃夫トレーナー)
今ではお客さまの半分はシニアなんですよ!

中には90歳のマダムもいらっしゃいます♥️

加圧に来られるようなシニアはみなさん総じて
身体も心もお元気で、お話ししてても楽しいです!
コロナを怖がってる感があんまし伝わってきませんよ(爆)



紫外線に当たるとビタミンDが体内で作られる

 

実は、公園にいたお年寄りの何が素晴らしいといえば
お外で日光に当たってるということなんです!

日光、特に紫外線のB波に当たると

ビタミンDが体内で作られ

免疫力がアップする

 

というのは以前から謳われてるんですよ!


それなので、

シミが出来るのを気にして
日焼け止めを全身に塗りたくって冬でも日傘を挿してる
ような女性はビタミンDの恩恵を受けづらいです😱

日焼け止めを塗るのは顔くらいにして
焼けても良いところは晒すようにした方が
元気になれます!


同業者さんに多いんですが、
真冬でも日傘挿してるのをみると
昔から正直「何怖がっとんねん 心の病気か?」と
思ってしまっている私がおります(爆)





このコロナ禍において、ビタミンDの重要性は
世間でものすごく言われるようになったんですよ。
論文も以前より次々と出ています。


化粧品大手のファンケルさんが、

社員さんたち全員に福利厚生として

自社のビタミンDのサプリを配る

ということを始めました。

 

しかも、この秋に

コロナになったトランプ大統領の医師団が

ビタミンDと亜鉛とメラトニンを投与して

劇的な早いスピードで復帰さしてたことは

記憶に新しいと思います。

 

これは、栄養療法をやっている人間としては
もう小躍りするような大ニュースでした♥️
世の流れが変わってきてますね!

 

 

ビタミンDはいろんなジャンルで注目を集めています

 

 

先に「運動してフレイル状態に陥らないように予防」と書きましたが、
世間で一番有名な効果効用は、骨を丈夫にすることですね。


血液中にカルシウムがあって、血圧の調整だとか
いろいろだいじな仕事をするんですが
それが足りなくなると骨のカルシウムを流出さしてまで
調整する機能があるんですよ。

流れ出ると当然、骨がもろくなっちゃうんですよね〜💦


病院では、骨粗鬆症のお薬として
カルシウムを腸から吸収させやすくして骨の形成に役立つ
活性型のビタミンD剤やビタミンK剤を以前から使っているんですよ♥️

骨粗鬆症のマダムなんかは

一番摂っとかないとマズイ栄養素ですね!


最近では、免疫にも最重要と言われていますし、
体内の粘膜にも、うつや発達障害にも、
ガン予防にもいろいろ役目があります。

 

 

今まさにシーズン真っ最中なんですが
最近はコロナですっかり蚊帳の外になった花粉症さん(爆)
(皮肉にもクシャミしてる人をみかけませんねぇ)

VDのサプリを飲んで劇的に調子が良くなった論文や
患者さんの体感、
実際に自分でサプリで試した方の話しを多方面から聞きます。


花粉症だけでなく、じんましんだアトピーだと
アレルギー全般OKですよ!


最近多いパニック障害や鬱、発達障害の人たちの血液検査の
ビタミンDをみると、総じて低めの方が多いです。


普通の病院で行われている血液検査だと
ビタミンDの値を測ってるのなんかみたことないんですけど
うちのお客さまで、うつ病などの精神疾患、脳疾患が出てしまっている
お客さまが持って来られる血液検査のデータを見せていただくことが
ちょくちょくあるんですが
総じてみなさまビックリ低めです😱

 

要は、

ビタミンDが足りなくなると、

◎骨は弱くなるわ

◎鬱っぽくなるわ

◎免疫力が弱くなるわ

 

の三重苦になるわけです。

 

 

「コロナ怖いよ〜😢」

と必要以上にビビって家に閉じこもっているお年寄りは
外に出ないため紫外線を浴びないからビタミンDが作られず
ますます鬱っぽさが進み、筋肉が衰え、
骨がもろくなり、免疫力が落ちて、
たまに外に出るとヨソでコロナをもらって来やすくなります😱


本末転倒ですね😢

 

 



また徒歩通勤の話しに戻るんですが・・・

たぶん、コロナ騒ぎが始まってからだと思うんだけど、
いつも玄関扉が90度近く開けているお宅があります。
ご町内なので存じ上げてる方のお家なんですが・・・

扉だけでなく、小窓や2階の窓も開けてるんです💦

たぶん、換気がウィルス退治に良いと思ってるからでしょうね😱

ワタシの帰宅が22時を回る頃にはさすがに締まってるんですが
21時台だとまだ開いてることが多いです。

 

なかなか治安の良い甲子園の住宅地ですが
扉を大きく開けすぎてて中に人影が見えると

ドロボウに入られても知らんで💦」

と思ってしまいますし、

コロナ以外でも、普通に風邪ひいて肺炎でお迎えくるで💦」

とも思ってたりします。

 

しかもそのお宅、厚い方のカーテンをずっと閉めっぱなしで
開けてる気配がないため、日光にも当たっていません。
心と体がどちらも「コロナの呪い」にかかっていて
不健康すぎますね。



このブログを読んでいるお年寄りはあまりいなさそうなんだけど😱
もしお読みになった方のお父さんお母さんが家に籠もりっきりだったら
一緒にお外をお散歩するだけで十分なので
連れ出してあげてくださいね!


ビタミンDのサプリメントを飲む際の注意点



ビタミンD・・・正直なところ、サプリで摂るのが
一番手っ取り早いです。

難しいことはさておき、ビタミンDはたくさん摂りすぎると
場合により血管などが石灰化(カルシウムが流れ出て起きる)
することがあります。

そういうのを防ぐためにも、必ず「マグネシウム」を
セットで飲んでくださいね!


にがり、ぬちまーすという沖縄のお塩でも結構摂れます。

お味噌汁に「あおさ」を入れるのもいいですね!


街中のドラッグストアではマグネシウムのサプリは売ってなく
(便秘解消用の「酸化マグネシウム」はある)
海外製がオススメです!


どんなものを飲めばよいのかはまた相談してください!


栄養でコロナのみならず、他のウィルスや
あらゆる病気にならない身体になりましょう\(^O^)/